So-net無料ブログ作成
検索選択
能・落語・狂言 ブログトップ

【録画】第26回NHK能楽観賞会 [能・落語・狂言]

昨日、Eテレ(旧・NHK教育テレビ)で放送されたものです。
能と狂言は超初心者で、理解不能なこともシバシバ。
なので観ながら睡魔に襲われる事も多いんです(^_^;)。
『船弁慶』は副音声で解説もあったようで…
主音声のみの録画にしてしまったのは失敗でした。

【演目】
一、
 一調一声『三井寺(みいでら)』
  謡 :本田 光洋
  小鼓:大蔵 源次郎
二、
 狂言『文山立(ふみやまだち) 大蔵流』  シテ・山賊甲:山本 則俊
  アド・山賊乙:山本則秀
  後見:山本則重
三、能『船弁慶(ふなべんけい) 観世流』
  前シテ・静御前/後シテ・知盛の怨霊:梅若 玄祥
  子方・源義経:梅若 秀成
  ワキ・武蔵坊弁慶:殿田 謙吉
  ワキツレ・従者:大日方 寛、則久 英志
  アイ・船頭:山本 東次郎
  笛:一噌 隆之
  小鼓:観世 新九郎
  大鼓:柿原 弘和
  太鼓:助川 治
  後見:梅若 長左衛門、梅若 紀彰、小田切 康陽
  地謡:観世 喜正、山崎 正道、梅若 猶義、松山 隆之
      角当 直隆、坂 真太郎、土田 英貴、内藤 幸雄

平成24年1月24日 横浜能楽堂にて収録

続きを読む


鎌倉能舞台 [能・落語・狂言]

2012年の公演情報が鎌倉能舞台のHPにアップされています。

昨日、我が家にも公演のお知らせが送られてきました。
平日が多いので、今までは余り行ってなかったのですが
今年は有休消化も兼ねて平日公演を観に行ってみようかな。


続きを読む


【録画】狂言『成上り(和泉流)』 [能・落語・狂言]

歌舞伎に比べると狂言や能は初心者ですが
今日はテレビで放送がありましたので観てみました。

【あらすじ】
清水寺の縁日の日、主人が太郎冠者に太刀を持たせて参詣に行ったときのこと。
太郎冠者がお堂で寝ていると、その隙に水破が現れ、太刀を竹の棒にすりかえてしまう。
すりかえられたことに気付いた太郎冠者は、主人に「山芋が鰻になるように、
出世をするときは必ず物が成上る」と、物の成上る話しをいろいろ聞かせ、
「ご主人の太刀もこのように竹の棒に成上りました」と誤魔化そうとする。

【配役】(敬称略)
シテ(太郎冠者) 野村 萬
アド(主) 野村 万蔵
小アド(すっぱ) 野村 扇丞


私が遭遇する狂言は、太郎冠者が大ボケなものが多いです。
今回も例外ではなくボケまくり。

だいたい太刀が竹に変わるわけがありません。
竹が立派とかも関係ないですし(笑)。
せっかく主人がすっぱを捕まえているのに
縄をうてば主人にうっちゃう始末で…すっぱ逃走。
縄をうたれてすっぱから手を離しちゃう
主人も主人なんですけどね~。

国立能楽堂は初心者でも安心と聞きますので
今年は能楽堂で観てみようかなと思っています。

落語のDVD [能・落語・狂言]

職場の契約社員さんが知人から頂いたと言う落語のDVD
本人はまだ観ていないらしいのですが、先に観て良いよ~と貸して頂きました。

くれた方の話だと志ん生師匠を中心に
志ん朝師匠の映像もあるとの事。
しかも20枚くらいあるんです。

話して何の話が聞けるやら。
タグ:落語
能・落語・狂言 ブログトップ