So-net無料ブログ作成

この共演だけは無いと思ってたんだけど… [花組芝居]

“シアターガイド“誌にアトリエダンカンプロデュース作品情報が掲載されてました。
2008年10月に『サド公爵夫人』が東京グローブ座で上演決定。

役者の篠井英介さん×演出家の鈴木勝秀さんシリーズ第二弾
(第一弾は『欲望と言う名の列車』)。
『サド公爵夫人』は三島由紀夫氏の戯曲ですが、
今回は全キャストを男性で上演するそう。

主人公ルネは篠井さんだと思われますが、
ルネの母役に花組芝居の加納座長を迎え、
篠井さんが花組芝居を退団して以来18年ぶりの共演が実現します。

私が花組芝居を見始めたのは篠井さん退団後なので、
この組み合わせは一度も観てないんです。
観たいとは思ってましたが、一生無い組み合わせと思ってただけに意外でした。
どんな舞台になるのかなぁ。

東京公演後に各地で上演予定らしいので、スケジュールを観て考えようと思ってます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0