So-net無料ブログ作成

どちらが好み? [本]

先日、ここでも紹介したミュージカル『レベッカ』の原作本。

自宅から少し離れたTSUTAYAは書籍も扱っているため
ちょっと期待をしながら先週末に自転車で出かけてみた。
しか~~し、3月の新刊が平積みされたエリアには無いし
新潮文庫の外国作家の棚にも置いてなかった(涙)。

<2008.03.20 追記>
 近くの書店に寄ったら売ってました[もうやだ~(悲しい顔)]
 近くの書店ではedyは使えないからマイル加算されないし、
 T-POINTも溜まらないからいいや。


※にほんブログ村のランキングに参加登録中。
 ↓ ↓ あなたのクリックをお待ちしてますm(_ _)m
 にほんブログ村 読書日記ブログ

書店で注文するよりも早いと思い、ネット購入。
会社から帰ってきたらポストに入ってました。
現在、三島由紀夫さんの「鹿鳴館」を読んでいるので
終わったらジックリとページをめくりたいと思います。
どう違うのか、いまから凄く楽しみ~~~。

080318_レベッカ旧.jpg←ミュージカルが決まった直後
  本屋で探して見つけたのがコレ。
  大久保康雄さんが訳されたものです。
  新潮文庫。






080318_レベッカ新.jpg

←3月1日に発売された
  茅野美ど里さん翻訳のもの。
  こちらも新潮文庫。
  どうやら大久保さん訳は
  姿を消してしまったよう。




表紙も女性らしいというか可愛らしい感じになりましたね。
表紙だけなら茅野美ど里さんバージョンが好みです。
皆さんは如何ですか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0