So-net無料ブログ作成

『夜叉ヶ池(武蔵屋組)』を観てきました(2009/1/18) [花組芝居]

今日は、待望のベテラン中心の武蔵屋組です。
やはり安定感は抜群ですし、
ゲストの原川さんの強力アドリブにも
困りながらも対応出来てしまうのは見事。

上下関係なのか溝さんに「お久しぶりです」と挨拶する原川さん。
そう言えば、原川さんより溝さんの方が先輩だったっけ。


ココからネタバレします。


前回もそうでしたが、開演前のアナウンスは晃の担当。
当然、今日は水下(武蔵屋)さんです。
声だけだと普段と全然違って聞こえるんですよねぇ。
しかし、いつ聞いても良い声だよなぁ(ウットリ)。

開幕後、CブロックとDブロックの間のドアが開き学円登場。
なんか桂さん痩せた気がするんだけど・・・髪型のせい?
帽子を脱ぐにしても少し溜めてから取ったりするし
お茶を飲むんでも熱そうにしてフーフーしてから飲み干すあたりは
やはり座長の相手役を長年務めてきただけの事はありますね。
ただ、梨をむく手つきは秋葉くんの方が上手かった気がしますけど。

鐘から登場の晃は当然カッコイイんですけど、百合は和風の美しさ。
でも、私は坊屋さんの百合の方が見た目は好みかも~。

白雪姫様、武蔵屋さんバージョンは初役の天邪鬼屋さん。
こちらは「道成寺」後シテ風のスタイル。
黒頭、ウロコ模様の振袖、緋の袴に鬼だからと角が生えてるんです。
でも、出てきた瞬間に申し訳ないけど笑ってしまいました。
なんだか顔の隈が足りない感じなんですもん。
昔、記事で観た座長のお雪様も後シテ風なんですが、
あちらは、お公家さん風に眉があるんですよね。
今回は無いんです・・・だから足りない感じがするのかな?

毎回お客様が4人ばかり舞台に上げられた後
妖怪の方々と記念撮影をするのですが、
今回は撮影に出てきた黒子が座長でした(笑)。
鯉七と大蟹が登場した時に傘を持っていた黒子も
お雪様の後見も今回は座長が担当されてました。

今回も与十は原川さん。
前回よりは短めでしたが、遣りたい放題なのは同じ(笑)。
客席の子供にチョッカイを出してました。

博徒の伝吉も今回は原川さんが担当。
なんと晃と同じ格好で「そいつは偽物だ!」と登場。
周りを巻き込み俺が本物だと主張。
最後に客席に「俺が本物だと思う人、手を挙げて~」と問いかけたものの
パラパラと客席で手を挙げてくれた程度で見事に玉砕。
「結果は分かってたよ」と淋しげに去っていきました。
晃が那河岸屋さんだったらら挙手してあげたかもですが
武蔵屋さんじゃ挙手できません。
ごめんねぇ・・・原ちゃん。

伝吉の独壇場で、舞台上の人が皆笑っちゃってて
去って行った後で溝さん「勝てねぇなぁ…あの人には」って一言(苦笑)。
普段から大暴走させたら右に出る人いないんだから勝てないよ。

命を落とした百合を
「一人は遣らん。いばらの道はおぶって通る。冥土で待てよ」と
抱きしめる晃。
百合が羨ましいぃ~~っ。
私も抱きしめられた~~~い。
と、那珂岸屋組では有り得ない暴走&妄想突入。
最後にキスのオマケ付きと見えましたが、
Fブロックだったので晃の背中しか見えないっ。
千穐楽はDブロックなのでシッカリ確認してきます!

武蔵屋さん贔屓だからではなく、私としては武蔵屋組のが好み。
お雪様は、座長も可愛くて好きなんですけど
角に苦労する天邪鬼屋さんもキュートでしたよん。

最後に学円にお雪様が帽子と荷物を持ってくるのですが
天邪鬼屋さんたら…やってくれました。
なんと、帽子を角にかけて登場してくれちゃいました。
も~~~角の使い方間違ってるからっ。

千穐楽、どれだけ弾けてくれるのか今から凄く楽しみです。
なんせゲストが座長と春風亭昇太さんですもの。
原川さん以上に座長が暴れ回ってくれる気がするんですよねぇ・・・。

今夜は夢に出そうです・・・武蔵屋さんがじゃなく伝吉&与十が(笑)。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 3

瀬木あおい

>ぎぃさん

niceありがとう
by 瀬木あおい (2009-01-20 20:08) 

らみあす

気合の入った観劇レポ楽しかったです(^^)
by らみあす (2009-01-20 22:00) 

瀬木あおい

>らみあすさん

niceとコメントありがとう

行った気になって頂けましたでしょうか?
武蔵屋組だったので、つい調子にのりました。
千穐楽は、さらにパワーアップした記事になっちゃうかもです。
by 瀬木あおい (2009-01-20 22:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0