So-net無料ブログ作成

『夜叉ヶ池(武蔵屋組)』東京千穐楽を観てきました(2009/1/22) [花組芝居]

今日は、武蔵屋組の千穐楽。
そして東京公演の千穐楽でもあります。

有休を使い何年かぶりに花組芝居の千穐楽に行ってきました。

与十は座長
伝吉は春風亭昇太さん。


ココからネタバレします。



白雪姫様、武蔵屋さんバージョンは天邪鬼屋さん。
前回、何か足りない?と思ったんですが
やはり眉が無かったみたいです。
今日はシッカリ公家さま風の眉がありましたよ。

お客様を舞台に上げて鐘を壊そうとするシーンで
お雪様が椿ちゃんをイジるんです。
那河岸屋版の時は座長演じるお雪様が「そこの着やせするデブっ」と呼ぶと
左右を確認し「あっ、あたし?」と椿ちゃん。
今回は「そこの…いつも煩いと思ってた女」って呼んだら
「女は私しか居ないじゃないっ。」と椿ちゃん。
さらに「地毛もカツラもロン毛なオジサマっ」と反撃。
「コラッ」と怒られたら、「この3頭身っ」と追い討ち。
仲のよろしいことで~。

記念撮影に出てきた黒子は溝さんでしたが、お雪様の後見は座長でしたね。
お雪様が踊りに使用していた手拭いの染め抜きは、
片方は天邪鬼屋さんの役者紋、もう片方が良く見えず…残念。

途中でお雪様入れ替わるんですが、妖怪から出てきた溝さん
「お前ら、酒くさいぞっ」と怒り心頭でした。
昨日、那河岸屋さん千穐楽で呑みに行ったんでしょうね…妖怪の中身。


今回の与十は座長。
作者だけにイメージ通りの与十なんでしょうけど
暴れすぎて小道具のタバコを落としてました(苦笑)。
座長の男役は毎回なんか違和感があるんですが、
今回の与十は妙にマッチしてて逆に凝視出来ず。

こんな機会は滅多に無いからとばかりに
思いきり座長の尻を蹴飛ばす大蟹の大井さんでした(笑)。


博徒の伝吉は春風亭昇太さん。
出てきて拍手がなかったら「拍手も無しかよ」と帰ろうとした。
お客様もわかってやってるから改めて拍手でお迎え。
なのに…お客に「お前ら、平日昼間に何やってんだ。社会人なら仕事だろっ」と怒り
出演者に「何やってんだ。親兄弟が泣いてるぞ。
「お兄さん何やってるの?」「東京で役者なんです」って
この姿の写真じゃ見せられないだろう。
半分は文学座、半分は俳優座に入れっ!
栗原小巻さんと一緒に撮った写真でも見せてやれよっ」と
理解不能な怒りだった。
さらにオチの無い落語を披露して去って行きました。
伝吉の一人芝居に役者陣の我慢出来ずに笑いだす人続出。
去って行く昇太さんに「凄いよなぁ」って溝さんの呟き。
原川さんと違った凄さですよね。


今回は千穐楽と言うことで座長が座員紹介に出てこられました。

大蟹の大井さんと穴隈の溝口さんは初演から同じ役。
晃の水下さんも初演からなんですが、劇中アドリブで
「水やんは60になっても晃をやりたいそうじゃ」ってのがあったため
座長に「60になってもやるの?」って聞かれてました。
本人はクビ振ってましたけど、10年後なら…有り得るんじゃない?

天邪鬼屋さんには「あんた角にメイク凄いよね~。
自分が考えたんだけど、改めて見ると化物みたい」って
お雪様は化物じゃん(苦笑)。

椿ちゃんは、大島の椿娘と椿姫を掛け合わせて出来たキャラらしい。
なんか恐いんだけど、可愛いんだよね~。

学円については「ちょっとダンディな学円になっちゃいましたが」と座長。
でも、そのダンディさが秋葉くんとの違いで良いのかもしれないですよね。

休んで行って良かったです(^^)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 2

瀬木あおい

>らみあすさん

niceありがとうございました
by 瀬木あおい (2009-01-23 22:40) 

瀬木あおい

>ぎぃさん

niceありがとうございました
by 瀬木あおい (2009-01-23 22:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0