So-net無料ブログ作成

『ダウンタウンフォーリーズ Vol.6』を観てきました [ミュージカル(その他)]

青山円形劇場で上演中のミュージカル・レビュー
『ダウンタウンフォーリーズ Vol.6 』を観てきました。

円形劇場なので全てが舞台を正面から見られる訳ではありません。
当然舞台横の席の方もいらっしゃるわけです。
なので演出も横の方も意識した作りになっていました。
今回は上手の角が丁度観やすい位置で最後列でした。
丁度斜めに役者さんが舞台を使ってくれると
目が合ってる気分が味わえる良い感じの席でした。

【キャスト】(敬称略)
[ハート]島田 歌穂
[スペード]玉野 和紀
[ダイヤ]香寿 たつき
[クラブ]吉野 圭吾

演奏:ダウンタウン・フォーリーズ管弦楽団
音楽監督が歌穂さんの御主人である島健さん、
振付が川崎悦子さん、構成と演出は高平哲郎さんです。

ダンスが見事な舞台を観る度に思うのは
「レッスンに行かないとダメだなぁ」なんですが
週末に予定が入ることも多いので上達しません。
今月末にペンキ屋さんが来る事が決まった事もあり
次回は早くて最終の日曜日。
ま、この位の暢気さだから続いてるんだとは思いますが(苦笑)。

感想はネタばれしてる所もあるので
これから観る方は、ネタばれOKの場合のみ進んでくださいね

【SCENE】←プログラムに合わせてみました[わーい(嬉しい顔)]
 1.序曲
   ・20世紀FOXのテーマ~The Sound of Music~天国と地獄
 2.オープニング
   ・DOWNTOWN FOLLIES CODE
   ・タップダンスショー
 3.服部+笠置メドレー
   ・一杯のコーヒーから
   ・東京ブギウギ
   ・ラッパと娘
   ・ヘイヘイ・ブギ
   ・ジャングル・ブギ
   ・センチメンタル・ダイナ
   ・買物ブギ
   ・東京ブギウギ
 4.立体落語『後生鰻』
 5.ミュージカル『実録・南太平洋』
 6.妻殺しは成功したためしがない
 7.有名姉妹が開くお客様誕生パーティー
 8.ダンス『ビクター・ビクトリア』
 9.コーラス・グループ・メドレー
  ・ドゥワップ・コーラス
  ・ミスター・サマータイム(サーカス)
  ・君の瞳に恋してる(ボーイズ・タウン・ギャング)
  ・白いブランコ(ビリー・バンバン)
  ・恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)
  ・女の道(ぴんから兄弟)
  ・或る日突然(トワ・エ・モア)
  ・Stop in the Name of Love(シュープリームス)
  ・ニホンノミカタ(矢島美容室)
  ・泣かないで(羞恥心)
  ・トップ・オブ・ザ・ワールド(カーペンターズ)
  ・ポリリズム(Perfume)
  ・ダンシング・クイーン(アバ)
10.拾われたカーネル・サンダースと赤い靴
11.教育講座:幻覚と妄想‐失われた正気
12.舞踏:どこかの国のどこかの人『パリのアメリカ人より』
13.演奏:Sidewinder
14.The Way We Were
15.フィナーレ
  ・いい仲間
  ・これでおしまい
  ・グッバイ

皆さん踊れる方ですし、エンターテイナーなので凄かったです。
カーネル・サンダースに関しては道頓堀から救出された色のままで
赤い靴を履いたら踊りだしちゃうと言うアンデルセンとのコラボ。
しかし、あの格好でタップを踏むのは大変そうだ。

南太平洋では歌穂さんとたつきさんでグラスを合わせて
「ルネッサ~~ンス」と髭男爵化してみたり、
教育講座でたつきさんが「ヒット・エンド・ラーン」と鳥居みゆき化したり
立体落語に金髪で出てきた歌穂さんが「金髪豚野郎ではありません」と
いきなり先制攻撃してみたり。

有名姉妹に至っては完璧に叶姉妹でした。
しかも「そこまでやるか?」って言うくらいの作り込み。
誕生祝いなので「Happy」と「Birthday」の色っぽい言い方を伝授。
これが可笑しすぎて笑いが止まらず真似なんて出来ませんでした。

恭子さんのままで「伊勢佐木町ブルース」を歌った歌穂さんは
「夢に出るわよ[モバQ]って言いながら去って行きました。
でも、他にも夢に出そうなのがいっぱいいますけど・・・。
玉野さんと吉野さんの妙にハマってる女装、
吉野さんの怪しげな警察官、矢島美容室に羞恥心とか。
吉野さんのペ・ヨンジュンに歌穂さんの牛乳瓶底メガネの小学生。
他にもマダマダ出そうな強烈キャラが沢山いる(笑)。
あれだけ作り込んでしまうというか、成りきれるのが凄いと思います。
さすがプロフェッショナルですよねぇ。

カーテンコールで「早く帰れ」と客に言いきる出演者。
最後はスタンディングを要求して満足げに去っていった後
舞台上のブラインドにはENDの文字が浮かび上がりました。
その直後「本日の公演は終了です。もう出せるものはありません」的な
館内放送が流れていて客席中が大爆笑でした(笑)。

生で玉野さんを拝見したのは二年程前の『Mr. PINSTRIPE』でした。
あの時も足さばきに釘付けでしたが、今回は足さばき以外でも釘付け(笑)。
しかし玉野さんって凄いなぁ…とても50過ぎてると思えないです。
確か吉野さんを観たくてチケットを取ったハズなのに玉野さんの記憶の方が多い。
『Mr. PINSTRIPE』の時も今井さんを観にいったハズなのに
結局は玉野さんの記憶の方が多かったんですよねぇ。
私にとっては、観たかった人以上に気になってしまう不思議な魔力のある方です。

全体的にすご~~~く楽しかったです[黒ハート]
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 2

little_snow

おお!行ってきたんですね~
盛りだくさんな内容ですねぇ・・・
玉野さんって50歳過ぎてるなんて知りませんでした。
私は今度の土曜日に行くのでとっても楽しみです♪
by little_snow (2009-04-13 08:34) 

瀬木あおい

>little_snowさん

niceとコメントありがとう

いやぁ凄かったです。
土曜日、笑いすぎ注意ですよ。
by 瀬木あおい (2009-04-16 20:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0