So-net無料ブログ作成

「ジェネラルルージュの凱旋」(海堂尊)【宝島社文庫】 [読書日記]

『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』でおなじみ
海堂尊さんの田口・白鳥シリーズ第3弾です。

【あらすじ】(文庫本の裏表紙から抜粋)
伝説の歌姫が東城大学医学部病院に緊急入院したころ、
不定愁訴外来担当の田口公平の元には匿名の告発文書が届いていた。
”将軍(ジェネラル)”の異名をとる、救命救急センター部長の速水晃一が
特定業者と癒着しているという。
高階病院長の特命で、速水部長の収賄疑惑を調べ始めた田口だったが、
倫理問題委員会の介入や、新人看護師と厚生労働省のロジカル・モンスターの
登場でさらに複雑な事態に巻き込まれていく。
悲願のドクター・ヘリ導入を目前に、速水は病院を追われてしまうのか。
切り捨てられゆく不良債権部門・救急医療を守る男の闘いと、
医療の理想と現実をダイナミックに描き出した傑作エンターテインメント。

『チーム・バチスタの栄光』に続き映画化された作品です。

『ナイチンゲールの沈黙』は小児科、『ジェネラルルージュの凱旋』はICU。
舞台は微妙に違いますが、どちらも東城大学医学部付属病院が舞台で
登場人物はほぼ同じですし、同じころに発生した事柄を描いていることから
両作品で同じセリフや事象が出てきたりしますので、連続で読むと面白いです。
今回は、田口先生が意外に活躍と言うか頑張っていますしね。

しかし、現役医師だけに医療現場の描写は大学病院の中にいるみたいな細かさ。
それに、彼の描く男性陣はカッコ良く魅力的な人が凄く多い気がします。
バチスタの桐生先生はも凄かったけど、今回の速水なんてカッコよすぎです。
血染めの白衣を翻し、会議室に遅れて登場する所なんて彼らしい。
速水が病院を去る日、花房看護師長も病院を去るんですが
あの駐車場前での速水が一番カッコ良いと私は思いますね~。
さすがは将軍(ジェネラル)と呼ばれただけの事はあります!
速水先生、病院内だけでなく読者にも人気があるの納得でした。

映画が公開されてから本を読んだせいか、読んでる間に頭に浮かぶ速水は
予告CMでチュッパチャプスを舐める堺雅人さんその人でした(苦笑)。

気になった方、一度手に取ってみてはいかがですか?
文庫も上下巻に分かれてはいますが、さほど厚みもありませんし
ミステリーとは言ってもドロドロしている感じでもありませんので
気楽に読めると思いますよ。
速水先生カッコ良いですしね(^^)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

みゆみゆ

こんにちは。
速水先生かっこよすぎますよね!!
堺雅人さんは線が細いんじゃ・・・と思ったのですが、映画では、そんなことを感じず・・・素敵な速水先生でしたよ!!

by みゆみゆ (2009-05-18 01:03) 

瀬木あおい

>みゆみゆさん

コメントありがとう

読み終わる頃には、速水先生のファンになってました。
私も堺雅人さんでは優しすぎる気がしたんだけど
素敵な速水先生が見られるんですね。
DVDでチェックしたいと思います。
by 瀬木あおい (2009-05-18 19:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0