So-net無料ブログ作成

「ジェネラルルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて」(海堂尊)【宝島社】 [読書日記]

私には珍しく単行本です。

【あらすじ】(本の内部から抜粋)
『ジェネラルルージュの凱旋』から遡ること15年
のちに<将軍>と呼ばれるその男・速水晃一は、
まだ世界を知らない新人外科医だった。
“伝説”の始まりを描く、ファン待望の書き下ろし!


実は一冊が速水晃一の過去に迫っているわけではなく、
海堂尊の日々を綴ったエッセイ、自作解説、
海堂尊ワールドのすべてを網羅した、登場人物一覧+相関図+
年表+用語解説+医療辞典つきの書き下ろし小説なんです。

バチスタから少しずつ作品が増え、色々な面で分かりにくくなっていたので
相関図や年表などは購入時から活用させて貰ってました。
『ジェネラルルージュの伝説』に関しては
『ナイチンゲールの沈黙』と『ジェネラルルージュの凱旋』が先
と思って居たので今日になってしまいました。
ガイドブック部分については、今後も作品を読む上で活用しますよ~。


速水晃一の若き日を描いた『ジェネラルルージュの伝説』は
わすがに100頁ほどの短い物語です。
まだまだカッコいいとは言い難いけど、将軍への片鱗は見えますね。
いつかコイツは大物になるぞ!みたいな感じがします。

このエピソードは『ジェネラルルージュの凱旋』でも出てきます。
エピソードよりスッキリしなかった花房と速水の関係が
『ジェネラルルージュの伝説』を読むことでスッキリ出来ました。
「そう言う話があるわけねぇ」と、妙に納得しちゃったりなんかして(笑)。
ただ、この二人が今もICUに居たら…どうなってたんだろうか?
要らぬ心配かも知れませんけどね~。

冴子と城崎、さらに速水との繋がりもココには登場してきます。
『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラルルージュの凱旋』
『ジェネラルルージュの伝説』と連続で読んで話が繋がりました。
でも…一冊に纏めても良かったような気もしますけど?

読んだ方、どう思われますか?


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

瀬木あおい

>らみあすさん

niceありがとう
by 瀬木あおい (2009-05-18 19:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0