So-net無料ブログ作成

舞踏会に行ってきました [ミュージカル(東宝)]

舞踏会の準備が出来たと吸血鬼親子から連絡を貰いましたので(笑)
本日はクロロック城の舞踏会に行ってきました。

前回を観ている友人たちから「面白いよ~~~」言われていた作品なので
今回は凄く楽しみにしてクロロック城へと向かいました。
「伯爵様の舞踏会だし、もう少しオシャレしてくれば良かったかな?」
なんて思いながら(笑)。

今回は、各キャラ単位で感想をアップしました。

【キャスト】(敬称略)

クロロック伯爵:山口祐一郎
サラ:大塚ちひろ
アルフレート:泉見洋平
シャガール:安崎求
レベッカ:阿知波悟美
マグダ:シルビア・グラブ
ヘルベルト:吉野圭吾
クコール:駒田一
アプロンシウス教授:石川禅

伯爵の化身:森山開次

安部誠司、奥山寛、小林遼介、齊藤裕加
さけもとあきら、島田邦人、砂川直人、武内耕
松澤重雄、山名孝幸、横沢健司
秋園美緒、足立美幸、碓氷マキ、柏木ナオミ
樺島麻美、河合篤子、鈴木結加里、
徳垣友子、美妃、水谷祐紀、南海まり

蔡暁強、遠山大輔、原田みのる、東山竜彦
一倉千夏、小嶋亜衣、坂井朋子、所夏海、横山博子

アルフレートの化身:東山竜彦
サラの化身:横山博子

今回は泉見アルフレートと大塚サラでした。
CDの時からそうなんですが、なんとも気の弱そうなアルフレート。
一生懸命頑張ってる感はあるんですが「男なんだからシッカリしろよ!」って
つい背中を押してあげたくなってしまう私・・・やっぱり男らしいのかも(苦笑)。

石川教授は、前回が市村さんだけにプレッシャーは凄かったと思いますが
なんだか飄々としていて、すごくマイペースなんだけど可愛い感じが出ていて
意外に禅さんに合うキャラかもしれないなぁなんて感じました。
あのくらいマイペースじゃなきゃ吸血鬼研究なんてしてらんないですよねぇ(笑)。

大塚サラは、さすが二度目と言うだけあって余裕ありかなぁ。
前回より3つ大人になって、いろいろな作品に出た経験とかも重なって
CDで聴いていたイメージよりも上手くなっているように感じました。
しかし、サラのお気に入りのスポンジが・・・デカすぎる(苦笑)。

祐一郎さんと圭吾さんの吸血鬼親子がインパクトありすぎです。
圭吾さんなんて出てきた時から美しすぎて、もう鼻血が・・・って感じです。
個人的には墓場で過去を回想するかのように歌う祐一郎さんと
舞踏会直前にサラをエスコートして来る圭吾さんが凄く気に入っています。
あの親子になら噛まれても良いかも~~~な自分が怖い。

森山開次さん演じる伯爵の亡霊。
マントを翻し踊る姿に釘付けになってしまったのは言うまでもありません。
ピルエットで回れない私としては、どうやって回ってるか研究しちゃいました(^^;)

駒田一さん演じるクコール。
イマイチ何言ってるのか分かりにくいキャラではありますが
休憩時間に雪かきの為に1人舞台上に出て来られます。
今回も雪かきしていると客席から「クーちゃん」の声がかかりました。
「クーちゃん? 飲み屋のオヤジじゃねぇんだよ」と返したり
「クコール、何かやって~」との要求に「そう言われると、やりたくないなぁ」なんて
言いつつもチョット手品風の芸を見せて去って行きました。
休憩時間の客席とクコールとのやり取りが面白いですねぇ。

今回は後ろの席だったのでオペラグラスで吸血鬼を見る会として活動。
全体を観るなんて無理な話だったので、8月は全体を観て感想をアップしたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0