So-net無料ブログ作成

『ドリアン・グレイの肖像』を観てきました [演劇]

花組芝居の座長が出演されている『ドリアン・グレイの肖像』を観に
三軒茶屋の世田谷パブリックシアターに行ってきました。

うーんヴァンパイア&開次熱感染中で舞台が楽しめるか不安だ。
なんでもかんでもヴァンパイア化しそうで…そんな話じゃないのに(苦笑)。

微妙に色々な人がヴァンパイアと重なりつつも(そうなんだ)
スズカツさんらしい作品だなぁと感じましたね。
原作がオスカー・ワイルドだけに重厚感のある作品でした。
『サロメ』もスズカツさん演出のオスカー・ワイルド作品。
今年はオスカー・ワイルド多いなぁ(笑)。

【キャスト】敬称略
ドリアン・グレイ:山本耕史
シビル・ヴェイン/ヘッティ・マートン:須藤温子
バジル・ホールウォード/阿片窟の男:伊達暁
ジェイムズ・ヴェイン/バジルの執事/ドリアンの執事:米村亮太朗
アラン・キャンベル/ジョージ・ファーモア:三上市朗
ヘンリー・ウォットン:加納幸和

ピアノ:前嶋康明
演出・構成:鈴木勝秀

完全なストレートプレイの作品です。
凝ったセットなど無しに回り舞台を上手く使っていました。
音楽は前嶋さんの弾くピアノとジェット機のような轟音風の音だけ。
個人的にピアノの音は良いとして、あの轟音風の音が苦手。
なんだか頭の中に響くんですよねぇ・・・それが狙いかもしれませんが。

この作品、最初と最後に同じシーンが挿入されています。
最初に見た時、最後に繋がるんだろうな?とは思ったけど
そういう終わり方をするのは予想できなかったんです。
今回は原作を読まずに観劇した事もありストーリーを知りません。
それでも舞台に入り込めてしまうのはスズカツさんのテクニックでしょうか。
これから原作を読む予定なのですが、次回の観劇までに読み終わるかなぁ・・・。


初めて舞台で拝見した山本耕史さんは、スラリとした長身。
銀色の少し長めの髪を後ろに一本にまとめた姿は
開次さんを思い出します(彼は黒ですけど、昔は金でした)
意外にセリフも聞き取りやすく良い役者さんだなぁと思いました。
予想していたドリアンとは随分と風貌が異なっていましたね。
なんかクルクルした縦ロールのような感じを想像していたもんで
(何かの見過ぎなのか・・・どうもそんなイメージだったんですよね)。

もう少し出番が少ないと思っていた加納座長は舞台に居る事も多く
2幕の頭ではジョージとの語りで客席の笑いをとっていました(笑)。
ヘンリーは奥様が居ながらも同性愛者的な描かれ方をしています。
実際にヘンリーとドリアンは、ワイルドと彼氏をモデルにしているらしいです。
ジョージがその事について突っ込みを入れるシーンで
ヘンリーがそれを肯定するようなセリフを返すんですね。
それが妙に面白かったりするのはスズカツさんの演出の技なのでしょう。
ただ、引っ込む時のジョージの一言は「僕は同性愛者じゃないよ~」
的なセリフになっていて、これかアドリブかどうか微妙だったんですね。
ヘンリー今日の髭はつけ髭だと思っていたら、
ご本人がブログで自前だと告白していました。
ただ、も○あ○は簡単に伸びないので付けていらっしゃるそうです。

しかし、中には長台詞もあり役者さんとしては遣り甲斐はあるだろうけど
覚えるのは大変そう・・・観ている方は楽しめたんですけどね。
本日が2日目と言う事もあり、台詞が板についていない部分も見えた気がします。

ドリアン、バジル、ヘンリーの3人を中心に話は展開。
バジルの書いたドリアンの肖像画がキーとなっています。
ヘンリーとバジルは元々知り合いであって、
偶然にもバジルがドリアンの肖像画を描き、
その絵の引き渡しの席でドリアンとヘンリーが出会う。
ヘンリーと交流を深めるようになったドリアンの人生が狂い始め
アヘンに手を出し、次々と人を殺めて行く事に。

バジルが描いた肖像画に「この絵が代わりに年を取れば良いのに」と
願ったように絵は年を取り、本人は何年たっても絵を描いた頃と変わらない。
バジルが最後に描いた絵を観た時に「コレは僕が描いたものじない」と言うくらい
肖像画が変貌を遂げていたようです。
最後に肖像画を切り裂き、自分自身を殺めることで終結したドリアンの人生。
最後にヘンリーが見たドリアンは、年月を過ごした老人へと変貌していたようです。

バジルに出会い肖像画を描いてもらった事が悪かったのか?
引き取りの際にヘンリーに出会ってしまった事が悪かったのか?
ドリアン自身が弱すぎたのか、そして彼は被害者だったのか?
考えれば考えるほど分からなくなってくる話ではありました。
最後にスッキリする作品ではないですが、ワイルドらしいのかもしれません。

当初、二回観劇の予定が火災報知機の設置の関係で一回になってしまいました。
個人的に、なんとしても二度見たいと思わせられる作品では無かった事は事実です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 2

moonave

瀬木あおいさん、はじめてまして。私も宝塚や歌舞伎をはじめ、お芝居が好きです。最近はあまり見に行く機会がないんですけれど・・・。続きの感想を楽しみにしています。
by moonave (2009-08-26 22:20) 

瀬木あおい

>moonaveさん

niceとコメントありがとうございます。

もしかすると日曜日は行けない可能性もあるのですが
行けない場合も感想はネタバレありで更新します。

また遊びにいらして下さいね~。
by 瀬木あおい (2009-08-27 20:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0