So-net無料ブログ作成

53回目のレッスン(2010/3/21) [バレエ(お稽古)2年目]

明日の月曜クラスは祝日の為休講。
(私も歌舞伎座だし…ってレッスンあっても間に合うけど)
なので今日は日曜クラスへ参加してきました。
昨夜は暴風雨で「明日は無理か?」と思いましたが
風は強いけど、ひとまず朝には雨もあがって一安心。

今日はY先生の日で、ベテランばかり7名です。
今週も目立つよねぇ…私(苦笑)。


バーはプリエから。
ドゥミ・プリエ→腕をアン・オーでバランス→
グラン・プリエを脚1番から5番での繰り返し。
アン・オーにする時の腕の使い方のレッスンにもなってます。
私は油断すると身体の中心を越えていたり
手の甲が正面どころか下を向いてたりするんです。
「中指はお臍に繋いで」「腕は円を描くように」
「腕休まないっ」「アン・オーは肘が耳より上にっ」と
バーの間ずーっと言われてましたね~(苦笑)。
先生曰く「カセットを両手に持ってアン・バーや
アン・オーにした時、カセットのケースが
ピタリと付くのが正しい腕の使い方」なのだとか。
腕を休むと胸が開いたりして脚に力が入らないから
腕を休んじゃダメって事です。
それは月曜クラスでも言われるんだよねぇ・・・。

脚は「床を使って!」と何度言われた事か(-_-;)。
デガジェなどの床を摺る量が少ないんです。
「1番の脚は太ももの内側をピタリと付けて」
こうする事で上半身が引き上げやすくなるのだとか。


センターは、今日はスタジオを横に使い全員で。
動きが分からなくなって正面を見てしまう為
「顔の向きっ!」と何回か注意がきました。
シャンジュマンは、出来るだけアン・バーと
爪先を伸ばすように意識はしてみました。
これについては今日は見逃してくれたみたいです(笑)。

センター後半は、古典作品を踊ると言う企画。
ここ数回、継続しているようなのですが、
『ジゼル』のペザントに皆で挑戦と言うものでした。
前→後ろ→方向転換して横×3セットと言う
ほんのワンシーンなんですが…初心者には厳しい。
(月曜クラスなら確実に私メニューにされてるでしょうね)

初心者もベテランも関係なく作品を踊ってしまおうなんて
日曜クラスでしか有り得ない企画ではありますが
逆にココでなら挑戦出来るチャンスと言うことで踊ってきました。
古典作品は決まり事が多く難しいと先生も話をされましたが
作品の一部でも踊れるようになれば楽しいのも事実。
どうやら暫く続けて行く企画のようなので、
ココのシーンだけでも繋げて踊れるよう頑張りま~す。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

瀬木あおい

>たかぼん様

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-03-22 17:00) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-03-23 08:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0