So-net無料ブログ作成

西洋美術館の企画展&常設展 [展覧会]

100530_西洋美術館.jpg







上野に来て余裕があったら西洋美術館に寄らないと(笑)。

企画展は
『フランク・ブラングィン 伝説の英国人画家-松方コレクション誕生の物語』
ずーっとプラングインさんだと思っていて
よくよく見たらPではなくBでした(^_^;)。

描かれた時代によるんだとは思いますが、
「こんな画風です」と言えない方です。
暗いのも明るいのもあるし、戦争色が強いものも。
建物、食器、絨毯、水彩画や版画みたいなのまで
中には良いなぁと思う作品もあるんですが
個人的には余り好みの作家ではありませんね。
西洋美術館の企画展史上最短の20分で出口に着きましたもん(笑)。
大きな作品もあって、部屋の真ん中で360度見渡したら
鑑賞できてしまうような場所もありましたけどね。

ブラングィン展と同時開催されていたのが
版画素描展示室の『松方コレクションとその後』
展示されている水彩や素描画は全て松方コレクション。
西洋美術館に来たら常設展には必ず立ち寄るのですが、
お気に入りのドルチの「悲しみの聖母」にも会い
今日は素描画コレクションも一緒に見て来ました。
結果論ですが、今日は常設展だけでも良かったかも(笑)。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 3

yan

上野には西洋美術館というところがあるのですね。
さすが東京って思ってしまいます。
地方都市の美術館は、わざわざ「西洋」とうたわなくても、大概中身は西洋美術館です。
by yan (2010-05-30 21:18) 

瀬木あおい

>江州石亭さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-05-31 22:20) 

瀬木あおい

>yanさん

確かに大抵の美術館の収蔵品は西洋ですけどね(笑)。

上野の森は美術館や博物館の集合体でして
私なんか一日中いても飽きないくらいの場所なんですが
国立西洋美術館の常設展が一番落ち着きます。

by 瀬木あおい (2010-05-31 22:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0