So-net無料ブログ作成

大人のピアノ 26回目のレッスン(2010/08/28) [ピアノ(お稽古)1年目]

今日も、観劇前のピアノ教室。
とは言え、今日の劇場は地元だからラクなんです。

行った時に譜面台に「荒城の月」の譜面がありました。
強弱の指示が全く無いシンプルなものです。
先生のヴァイオリンと合奏しつつ、ピアノが歌うように弾く練習。、
ピアニストの小原孝さんも、ピアノが歌うようにって
良く言われてましたね。


さて通常の練習に戻ります。
『ハノン』は、3番を今までよりスピードUP+フォルテ。
普通に弾いて、符点付の2パターンで弾いて
更にスタッカートで弾いて、最後に普通で弾いて。
いやぁ…疲れました(笑)。

『ソナチネ』は、今日も1番の第3楽章。
どうしても軽やかにならず、妙に力強い一曲に。
まだまだ軽やかは遠そうですね~(^_^;)。
次回は、もう少し先に進んでみようと思ってます。

『エリーゼのために』は、まだ飾り音符と奮闘中(笑)。
最初の部分も前回はペダルの使い方を誉めて頂きましたが
今日はもう少しシッカリと弱く弾けるようにと。
矛盾してるようですが、鍵盤に弱く触れるのではなく
シッカリ触れながら弱く弾くと言うことらしい。
これが我が家の電子ピアノで再現できるかが不安だ(苦笑)。

最後の10分ほどは、音楽の話に。
オーケストラから始まり、ブラームスのピアノ協奏曲まで。
スカパーで放送があったら、ブラームスのピアノ協奏曲を聴いてみようかな。
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 5

瀬木あおい

>沙羅朋さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-08-28 23:00) 

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-08-28 23:00) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-08-28 23:01) 

江州石亭

「もう少しシッカリと弱く弾けるように」というところがピアノの難しいところの一つですよね。
指で鍵盤を弾く際の脱力というのに関係してくるのですが、それが感覚として分かるのに(アコースティックのピアノを持っている)私も随分苦労しました。
by 江州石亭 (2010-08-29 07:43) 

瀬木あおい

>江州石亭さん

niceとコメントありがとうございます

まだまだ力が入ってしまうので
弱く弾くが理解できるまで
時間はかかりそうです。
やはり難しいんですね。
by 瀬木あおい (2010-08-30 20:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0