So-net無料ブログ作成

大人のピアノ 34回目のレッスン(2010/11/13) [ピアノ(お稽古)1年目]

観劇の前にピアノ教室に寄りました。

まずは『ハノン』の9番から(面倒だから、間違えたまま継続中)。
今日は、符点付の2パターンとスタッカート。
スタッカートが苦手で…途中で引っ掛かりまくり(笑)。
次回は、久々に1番に戻ることになりました。
「かなり弾きやすくなってるハズ」と先生はおっしゃいますが
完璧にパターンを忘れている自分が居るんですよ。
どうなることか(爆)。


次は『ソナチネ』。
まずは14番の第1楽章(モーツァルトのソナタ)から。
上がり下がりも滑らかに弾くにはマダマダですが
弾けている範囲の最後が難関で…どうしてもリズムが狂う。
しばらくは、ココだけピックアップでの練習かな。

次は16番の第1楽章(ベートーベンのソナタ)。
前回から先には進めていませんが、あのSを横にしたような記号が難関。
先生が弾くと、全く違う曲に聞こえちゃうもの(-_-;)。
コレもピックアップして練習しないとダメかな。

最後は『エリーゼのために』。
ただ今、後半の難関と闘っている真っ最中です。
まずは、難関の半分をペダルを付けて挑戦。
まだ左手の符読みがあまく、違う音を弾いてたり
分からなくなって止まったりしていますけど。

さらに今日は、難関の後半を右手だけ練習。
あとは左手とペダルがクリア出来れば、ゴールは近い。
これ暗譜が目標の一曲なので、前の方を思い出さねば(笑)。
で、次の曲は『乙女の祈り』にしました。
オルゴールでも『エリーゼのために』と『乙女の祈り』は定番ですもん。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

瀬木あおい

>江州石亭さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-11-15 19:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0