So-net無料ブログ作成

大人のピアノ 36回目のレッスン(2010/11/27) [ピアノ(お稽古)1年目]

最初は『エリーゼのために』の1曲まるごと演奏会(^^)。
途中で引っかかったりながらも、無事にゴール。
まだまだ難関では違う曲になってますけどね…。
ひとまず『エリーゼのために』は今日で終了。

次回からは『乙女の祈り』に入ります。
今日は先生のテキストを借りて、出だしの右手だけを何度か練習。
これはオクターブで続くから結構ツラいですね~。
持っている楽譜集では使いにくいし字が小さいから
レッスン帰りに楽譜をコピーしておかないと(^^)。

次は『ソナチネ』。
14番の第1楽章(モーツァルトのソナタ)。
今日は、前回より少しだけ先に進みました。
今日は右手だけ中心でしたから、自宅で左手だけ練習して
来週には左右合わせて弾ければと思っています。

今週は『ソナチネ』の16番(ベートーベンのソナタ)と
『ハノン』の1番はお休みです。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

江州石亭

オクターブで降りてくるところですね^^
弾いたことはないのですが、作曲したバダジェフスカはショパンと同時代の女性ですね。ショパンよりも短い30年足らずの生涯だったとか・・・
甘い音楽ですけれど、そんなことなどを思うとちょっと儚いですね。
by 江州石亭 (2010-11-27 21:02) 

瀬木あおい

>江州石亭さん

niceとコメントありがとうございます

この曲、1ページ位ずーっと右手はオクターブなんですよ。
左は和音中心ですが、時にオクターブなので両手が辛いです。

ある意味一発屋な作曲家ですが、人生は短く
戦争で資料なども消失してしまったようで
どんな人かも分かっていないみたいですね。

曲自体は綺麗なので、また半年くらいかけて
ゴールに辿り着ければと思っています(^^)。
by 瀬木あおい (2010-11-28 16:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0