So-net無料ブログ作成

壽初春大歌舞伎@新橋演舞場 [歌舞伎]

観劇初めは新橋演舞場の壽初春大歌舞伎です。

余り新橋演舞場には足が向かないせいもあるのか
歌舞伎座が休館になり新橋演舞場へ場所が移ってから
生で歌舞伎を観ることが極端に減りました(笑)。
で、1年ぶりの演舞場なんですが…やはり落ち着かない。
今日は左側にマナーがイマイチな方が多く
舞台を観ると視界に入ってしまうのも落ち着かない一因。


一、御摂勧進帳
  加賀国安宅の関の場

武蔵坊弁慶:橋之助
九郎判官義経:錦之助
駿河次郎清重:種太郎
近江三郎民利:巳之助
山城四郎義就:国生
三河五郎兼房:吉之助
源八兵衛広綱:宗之助
常陸坊海尊:桂三
斎藤次祐家:彌十郎
富樫左衛門:歌六

一、妹背山婦女庭訓  三笠山御殿

漁師鱶七実は金輪五郎今国:團十郎
お三輪:福助
橘姫:芝雀
荒巻弥藤次:家橘
宮越玄蕃:市蔵
豆腐買おむら:東蔵
蘇我入鹿:左團次
烏帽子折求女実は藤原淡海:橋之助

一、寿曽我対面

工藤祐経:吉右衛門
曽我五郎:三津五郎
大磯の虎:芝雀
近江小藤太:松江
八幡三郎:種太郎
化粧坂少将:巳之助
梶原平次景高:吉之助
梶原平三景時:由次郎
小林朝比奈:歌昇
鬼王新左衛門:歌六
曽我十郎:梅玉

いかにも初春向きの演目が並びました。
昨年も新橋演舞場の1月は寿曽我対面だったっけ(苦笑)。
今年の方が配役は私好みでしたから満足ですが。
巳之助丈と三津五郎丈…親子カップルだし(笑)。

妹背山婦人庭訓は、芝翫丈が病気休演のため
求女は橋之助丈が勤めておられました。
團十郎丈で観ることが多かったから、なんだか新鮮。

御摂勧進帳は初見ですね。
橋之助丈の演じた弁慶がコミカルだったし
普通の勧進帳とは違い松羽目物ではありません。
普通手桶って言うものは小さいんですが、
歌舞伎はクローズアップすると巨大になるもんで
人より大きい手桶が舞台の真ん中に登場して
存在感有りすぎと思ったら…最後のメイン舞台なんですね。
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 6

コメント 10

little_snow

こんばんわ。
歌舞伎はまだ観たことがないんだ~
マナーの悪いのはダメよね。
楽しい気持ちが半減しちゃいます。

by little_snow (2011-01-09 19:08) 

yan

当然と言えば当然ですが、
歌舞伎座が休館中でも、歌舞伎を演ずるところはあるのですね。
歌舞伎のマナーもわかりません。(汗)
by yan (2011-01-09 20:26) 

瀬木あおい

>little_snowさん

niceとコメントありがとうございます

途中で帰ろうかと思いましたもんね~。
最後が吉右衛門丈と三津五郎丈でなければ
たぶん帰ってました(笑)。
ある程度のマナーってありますよね~。

次は歌舞伎に誘っちゃおうかな?
by 瀬木あおい (2011-01-10 08:13) 

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-01-10 08:14) 

瀬木あおい

>yanさん

niceとコメントありがとうございます

歌舞伎座は1年中上演していましたが、他にも新橋演舞場と
国立劇場で年に何度か歌舞伎公演が行われていました。
歌舞伎座が休館に入ってからは、メインを
新橋演舞場に移したものの歌舞伎専門に出来ないため
日生劇場やル・テアトル銀座などで代替公演することで
毎月どこかで歌舞伎が観られる環境を保っています。

歌舞伎のマナーと言うか、今回は演劇を観るマナーや
公共施設などでのマナーが出来てないことに唖然でした。
by 瀬木あおい (2011-01-10 08:23) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-01-10 08:23) 

瀬木あおい

>Goshuさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-01-10 08:24) 

yan

ご丁寧な説明ありがとうございました。
さすが、東京というべきか。
ボクの住んでいる東海圏内だと、名古屋が中心となるのですが。
歌舞伎好きには、いつも見られる環境が名古屋にあるのかな。
今度、名古屋に行ったときに調べてみましょう。
by yan (2011-01-10 10:17) 

瀬木あおい

>yanさん

東海は御園座メインですから
毎月歌舞伎は難しいですよね。
by 瀬木あおい (2011-01-10 20:20) 

TOMO

やっぱり、歌舞伎座と演舞場の雰囲気は違いますよね~
新生歌舞伎座が以前と同じような雰囲気を持っていると良いですね。一幕見席の存続も含めて。
昨年の11月、12月lの怒涛のライブの日々の後遺症か、今は、あまりライブ・舞台への意欲が湧かない日々ではありますが、これはまた、観劇の日々が続くときの準備期間かな、と思っています。
今年も、お互いに素敵な観劇の日々が続きますように!
by TOMO (2011-01-17 01:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0