So-net無料ブログ作成

「神南署安積班」(今野敏)【ハルキ文庫 こ 3-10】 [読書日記]

佐々木蔵之介さん主演でドラマ化されている
「ハンチョウ~神南署安積班~」の原作です。
テレビは見ていませんが、書店で平積みされていたので購入しました。
シリーズを何冊かパラパラと捲ってみた結果、
手始めだから短編の方が良いかもと思い
ベタなタイトルのコレを選択してみました(^.^)。


【あらすじ】(裏表紙より転載)
人と犯罪の溢れる街、渋谷。
その街を管轄とする警視庁神南署に張り込む
新聞記者たちの間で、信じられない噂が流れた。
交通課の速水警部補が、援助交際をしているというのだ。
記者の中には、真相を探ろうとするものも現れ、
署内には不穏な空気が―。
刑事課の安積警部補は、黙して語らない速水の無実を
信じつつ、彼の尾行を始めるが…。
警察官としての生き様を描く『噂』他、八編を収録。
大好評安積警部補シリーズ待望の文庫化。

この先、ネタバレします。
最初から読んだ方が話の流れは掴めますが
コレから読んでも話は繋がりましたから大丈夫。

援助交際と思われた交通課の速水係長ですが、
実際は、かつて補導した女子高生の更正を手助けしていただけ。
速水と安積は同期。
噂を聞き、速水を尾行していた安積が見たのは
暴走族のグループに一人で立ち向かう速水の姿。

「速水が困っている」と安積が無線連絡した所
白バイやパトカーが速水の応援に駆けつけた。
さすがの安積も「いい手下を育ててるな」とポツリ。
確かに信頼されてなければ、非番の上司のために
部下が応援になんて来ませんよね~。
この時は、かなりカッコいい速水係長が見られました。

須田はアチコチで自分は気づいていないツキを発揮。
一瞬勝ち目がなさそうに見える警視庁の柔道大会で
速水が「あのツキは凄い」と言う理由で対象に選抜。
あれよあれよと優勝してしまった神南署。
どうみてもツキ以外の何物でもない勝ち方だった須田。
本人は捕まえる気だったわけではないのだけど
アッサリと暗殺者を捕まえてしまったのも・・・どうやら彼のツキ。
このツキが私は凄く羨ましいです(笑)。

たった5人しかいない安積班ですが、足を使うヤツ、
頭を使うヤツなどが揃い、少数精鋭でチームワーク抜群。
なにより部下を可愛がる上司達が素敵だと思うし
どんな時も部下を守ろうとする安積係長の姿が良いです。
こんな上司の下でなら、どんなに辛くても
「彼のために」と働いてみたくなる気がしますね。
と言うか、個人的に安積係長と仕事してみたいですね。

元々、ベイエリア分署の縮小で神南署に移ってきた安積班。
話の後半では、再び臨海署が復活するとの噂が。
どうやら、再び安積班はベイエリアへ異動になりそうです。
なんだかシリーズにハマりそうな気がしています。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 4

ろーるけーき

自分は その逆でテレビは見てますが
たぶん 本のほが面白いかも。
by ろーるけーき (2011-05-20 07:43) 

瀬木あおい

>ろーるけーき様

niceとコメントありがとうございます

本かテレビかは好みの問題ですよね~。
佐々木蔵之介さんだから観てみようかと思いつつ
気付いたら第3シリーズに突入してました(笑)。

佐々木蔵之介さんの安積と細川茂樹さんの速水は
本を読む限りイメージにピッタリはまってます。
by 瀬木あおい (2011-05-20 22:18) 

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-05-20 22:20) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-05-21 12:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0