So-net無料ブログ作成

「想い雲 みをつくし料理帖」(高田郁)【時代小説文庫 た 19-3】 [読書日記]

みをつくし料理帖の第3弾を読んでみました。
相変わらず美味しそうな料理がいっぱいです。
今回は江戸では珍しい鱧が登場し、コレがキッカケで
チョットだけ野江と接近する機会を得ます。



【あらすじ】(裏表紙より転載)
土用の入りが近づき 澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。
そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。
澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている
上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。
翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、
行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。
澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、
彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった。
― 書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ待望の第三弾。今回は、小松原の登場が遅いし少ない…。
澪に「下がり眉」と声をかける姿がオチャメだし
閉店間際に来るから、暖簾を仕舞った後で
種市と一杯やりながら澪に的確なアドバイスをしたり。
今回は、そういう小松原の姿がチョット少ないんですよ。
出てこないと淋しいんですよね~。

代わりに戯作者の清右衛門と版元の坂村堂が頻繁に登場。
清右衛門は口が悪く澪の料理を誉めた試しがない。
しかし…自分自身も誉められるのに慣れておらず
りうに作品を誉められたら恥ずかしくなり帰ってしい
りうに「先生、意外にウブだね~」って言われてました(笑)。

澪いわく「坂村堂さんは、ドジョウに似ている」
ドジョウを見ると坂村堂が浮かんできちゃうため
ドジョウを殺生出来ず、丸煮になったほど(笑)。
また、坂村堂さんは美味しそうに食べるんですよね~。

今回は、源斉先生の依頼で吉原の翁屋へ料理に行く澪。
翁屋は、あさひ太夫こと野江のいる店。
店の主人と一悶着あったりもしましたが、無事に澪は鱧を料理。
お代の代わりに、つる家が酒を出す3の日に
翁屋の料理人の又次を借りることにする澪。
料理も出来るしボディーガードにもなるし又次さん大活躍。
又次さん、強面だけど今で言うイケメンで
種市が誉める度に照れ隠しで益々顔が怖くなって…
下足番のふきちゃんが益々ビビると言う悪循環(笑)。
顔は怖いけど、心はすごーく優しいんです。
この作品の男性陣は皆優しいんですけど、
個人的には、又次が一番素敵だと思ってます。
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 6

ろーるけーき

出てきて欲しい
登場人物の出番が少ないと
ちょっと残念で さみしいですよね。
by ろーるけーき (2011-05-24 08:20) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-05-25 15:09) 

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-05-25 15:10) 

瀬木あおい

>ろーるけーき様

niceとコメントありがとうございます

当たり前のように登場する人が出てこなかったり
出番が少ないと淋しいんですよね~。
今回は、話題に上る率は高いものの、登場率が低くて残念でした。
by 瀬木あおい (2011-05-25 18:22) 

瀬木あおい

>yu-papaさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-05-25 18:23) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2011-05-27 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0