So-net無料ブログ作成

三月大歌舞伎@新橋演舞場 [歌舞伎]

昨年の震災以降、少し下がり気味の観劇熱は、
1年経っても一向に上昇する気配は余りなく
月に1~2回をキープした状態が続いています。

今月は、染五郎丈が演舞場に出演中なので
溜まった有休消化も兼ねて平日の演舞場に来ました。
先月も金曜日に来たのだけど、ほぼ満席。
でも…今日はガラガラ。
あれは…六代目勘九郎の襲名だったからなのか?

【配役】(敬称略)

  江戸絵両国八景
一、荒川の佐吉
  序幕 江戸両国橋付近出茶屋岡もとの前の場より   
  大詰 長命寺前の堤の場まで              荒川の佐吉:染五郎
 丸総女房お新:福助
 隅田の清五郎:高麗蔵
 大工辰五郎:亀鶴
 極楽徳兵衛:宗之助
 お八重:梅枝
 鍾馗の仁兵衛:錦吾
 成川郷右衛門:梅玉
 相模屋政五郎:幸四郎

二、仮名手本忠臣蔵  九段目 山科閑居
 戸無瀬:藤十郎
 大星由良之助:菊五郎
 小浪:福助
 大星力弥:染五郎
 お石:時蔵
 加古川本蔵:幸四郎

勘三郎丈の佐吉は映像で拝見した事があるのですが
実は生で「荒川の佐吉」を拝見するのは今回が初。
しかも佐吉を演じたのは染五郎丈。
意外に佐吉のような役は染五郎丈上手いんですよね。
しかし、それ以上にハマってたのが辰五郎を演じた亀鶴丈。
妙に子煩悩(自分の子でもないのに)だったり、世話焼きだったり
辰五郎のキャラ自体がすごく優しいんですが、
なんだか素の亀鶴丈もこんな人?って思えてしまう位
演技と言うよりも、すごくナチュラルだったんですよ。
また、声がね・・・私にとっての心地よい感じでして
ちょっとファンになってしまいそう(笑)。

来月の忠臣蔵月間を前に、山科閑居を先行上演(と言うのか?)。
まぁ・・・福助丈の小浪も「年齢的に無理があるだろう?」なのだけど
※そう見えない化け方が役者の凄さと言うか・・・怖さですけどね。
染五郎丈の力弥ってどうなのよ?

この段は、2人の立女形が魅せてくれる段だと私は思っていて
戸無瀬とお石に厚みが無いと力が抜けてしまう気がするんですよ。
内蔵助や本蔵も必要不可欠ではあるのだけど。
さすがに藤十郎丈の戸無瀬の重厚感、それに負けない時蔵丈のお石。
年齢的にも違う2人の女形ですが、それぞれタイプは異なりますが
女性の強さを見事に表現していて、良いバランスだったように感じました。

「山科閑居」も1~2回しか生で拝見した事が無い段ではあります。
今月は、観劇回数の少ない段が集まった月でした(^^)。
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 5

コメント 5

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2012-03-17 14:54) 

瀬木あおい

>よーちゃん様

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2012-03-17 14:55) 

瀬木あおい

>沙羅朋さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2012-03-17 14:56) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2012-03-17 21:25) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2012-03-18 10:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0