So-net無料ブログ作成

マエストロ聖響の夏休みオーケストラ@神奈川県立音楽堂 [音楽(CD、DVD含む)]

昨日(16日)、県立音楽堂へ行ってきました。
ほぼ、毎年恒例行事「マエストロ聖響の夏休みオーケストラ」です。
とはいえ、私は1年おきにしか行ってないんですけどねぇ(笑)。

バレエスタジオからは徒歩10分ほどで音楽堂なので
レッスンを受けてから山の上から下って音楽堂へ。
実は、こちらの道の方がラクなんです。

この夏休みオーケストラも4回目。
ジュニアスタッフが可愛いんですよぉ。
私、子供嫌いですけどね。
今年も、入り口から子供たちがお出迎え。
チケットを切ってくれるのも、席を案内してくれるのも
館内放送や照明、音声に至るまで子供たちが参加。
今日は、子供が主役。

 

会場に着いた時は既に開場。
ま、落ち着いてチラシを見ていたら隣の席の方がいらして
「とうとう隣になっちゃったねぇ」と友人でした。
別々にチケットを取り、別に何処と話していたわけではないので
隣になったのは偶然です。
そういえば、相模原も隣だったよねぇ(笑)。

このプログラムの有難いところは
一曲ごとに司会者が曲紹介をしてくれたり
聖響さんからチョットしたコメントが聞けたりすることです。
演奏も〇楽章のみと短いので気楽。

今年は、女性の団員さんの衣装がカラフル~。

前半は3曲
テーマ曲と化している『エフゲニー・オネーギン』からポロネーズ
この曲、私にとってはバレエ音楽なものですから
ダンサーがいっぱい見えちゃうんですよねぇ。
実際には、誰も踊ってません(笑)。

2曲目は聖響さんの好きなシューマンの『ライン』から第3楽章
つい最近、聖響さんは仕事でドイツに行ってきたそうで
「今回、初めてまじまじとライン川を見たんですよ。今までこうやってライン川を見ることなかったんで・・・」
聞きますが「今まで、どうやってライン川を見てたんですか?」
私は、ライン川はテレビでチラッと見ただけなので
写真が出てきて「これはどこの川?」とか言われても判別不能です^^;。

3曲目は藤倉大さんの『シークレット・フォレスト』
聖響さん、藤倉さん好きだねぇ。
前回のグリーンホールも藤倉さんの『アトム』で、あれもイマイチ理解できなかったけど
今回も結局・・・よく分からなかった。
凄くこじんまりとした編成なんだけど、弦楽器をギターピックで弾いたり(楽器大丈夫なのかな?)
レインスティックという楽器が登場したり、いくつかの楽器は客席に紛れ込んだりと
演奏の時点で不思議な状態。

聖響さんの説明は、新緑の森っぽかったけど
私的には秋の森の感じで、小動物や秋の虫が見えましたが
司会の小村さんはカラフルな鳥が見えたとか。
ここまで聞き手によって違うイメージの曲も珍しいかもねぇ。

20分の休憩を挟み

後半は5曲
まずは、ゲストの南紫音さんを迎え
プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第一番の第一楽章。

その後ろにはベートーヴェンが続きます。
まずは、副指揮者の永峰大輔さんが登場し色々なリズムをレクチャー。
楽団の方が演奏する第9の第二楽章に永峰さん指示で合わせるという
客席参加型の1曲。
子供だけでなく、大人も全員参加ですが・・・どうぜん300名近くいると問題もある。
聖響さんいわく「ちょっと遅い」
こっち的には「やれるだけの事はやった」
そうそうベートーヴェンのテンポにはノレません。
だいたい、踊っててもハズれてるのにさ。

次は、子供が指揮者体験。
抽選で選ばれた2名が、指揮者体験できるコーナー。
今回選ばれた曲は、第5番『運命』の第一楽章。
♪ジャ ジャ ジャ ジャ~~~~ン
ってあれです。
今年は名前をメモし忘れましたが、2名とも女の子でした。
一生懸命で可愛かったですよ~~~~。

次は、子供たちの中から希望者のみステージに上がり
演奏家の間で実際に演奏が聴けるという体験コーナー。
選ばれた曲は、第2番の第4楽章。
毎年、なんとかして小学生や中学生に紛れられないか?と思うのである。
今年は、コンマスの石田さんと聖響さんの周りに子供がたくさん。
なんだか二人とも人気でしたねぇ。
子供たちは「音が大きかった」とか「凄い迫力」とか
「オケの一員になった気分」とか色々な感想を語ってました。

ラストは、交響曲第5番『運命』の第4楽章
最初の出だしと違って、力強い終わり方するんですよねぇ。
ただ、ベートーヴェンですから、どこか同じモチーフ繰り返してますけどね。

今回はアンコールもなく、すっきり終了。
数分ですが、やはり押しましたね(笑)。

聖響さん、ちょっと大きくなったような気がするんですよね。
しかも、ちらりと見えた左手の薬指に指輪が。
再婚したのかなぁ?
幸せ太りかなぁ?
と色々な憶測が頭の中を駆け巡っております。

そして、会場を出たら・・・雨。
さすが雨男の金聖響。
こんな時までハズさないってすごいなぁ。


【プログラム】(敬称略)
第一部
 ・チャイコフスキー/歌劇『エフゲニー・オネーギン』より”ポロネーズ”
 ・シューマン/交響曲第3番『ライン』より第3楽章
 ・藤倉大/『シークレット・フォレスト』

休憩20分

第二部
 ・プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲第1番より第1楽章
 ・ベートーヴェン/交響曲第9番より第2楽章
 ・ベートーヴェン/交響曲第5番『運命』より第1楽章
 ・ベートーヴェン/交響曲第2番より第4楽章
 ・ベートーヴェン/交響曲第5番『運命』より第4楽章

指揮/金 聖響
コンサートマスター/石田 泰尚
演奏/神奈川フィルハーモニー管弦楽団
司会/小村 弥生(NHKアナウンサー)
会場:神奈川県立音楽堂


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 5

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-08-24 22:16) 

瀬木あおい

>wattanaさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-08-24 22:16) 

瀬木あおい

>カメラde防犯さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-08-24 22:16) 

瀬木あおい

>yamさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-08-24 22:17) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-08-24 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0