So-net無料ブログ作成

情熱大陸(2014/08/31) [バレエ&ダンス]

2012年、ローザンヌ国際バレエコンクールで
1人の日本人女性ダンサーが1位を獲得した。
熊川哲也さん以来の快挙に、日本中が彼女に注目。
一躍時の人となった。
彼女の名は 菅井円加(すがい まどか)
この時、若干17歳の現役の高校2年生。



今回の情熱大陸に、菅井円加さんが登場。
現在20歳になった彼女に密着。

円加さんがローザンヌ賞の研修先として選んだのは
ドイツのハンブルグ ナショナル ユース バレエ団。
創団は2011年。
ジョン・ノイマイヤーが率いている。
コンテンポラリーをレパートリーとしていて、
18歳から23歳までの団員わずか8名と規模はまだ小さい。
もちろん、母体はハンブルグ バレエ団。

ロシアとかイギリスとかを選ぶのかと思っていたけど
コンテンポラリーを得意とする円加さんには
ハンブルグのバレエ団は最適だったのかも。

当然、ヨーロッパ出身の仲間たちは背も高く細身。
円加さんは、どちらかと言えば筋肉質で小柄。
体型だけみたら完全に負けている。
しかし、踊り始めたら体型は関係ないと思う。
しなやかに動く手脚、天性の表現力。
円加さんは、ユース バレエの中心に居た。
仲間たちも彼女の実力を認める。

取材当時、足首を怪我して、治療をしながら公演に参加。
トレーナーの所に出かけた時も
足首が変形していると言うか、腫れていると言うか
自分が知ってる踝では無い状況。
ダンサーである以上、怪我はつきもの。
完治するまで休めるとは限らない。
痛みと戦いながら、ダンサーは今日も舞台に立つ。

彼女がストレッチをしている時に見えた足の指が
すごく変形して居たので気にはなった。
私が今まで出会ったダンサーの中には
同じような足の持ち主はいなかったから。
あそこまで変形するもんなんですねー。

この9月、ハンブルグ バレエ団へ入団することが決まっている。
ノイマイヤーの元、どんなダンサーに成長するのか?
これからが楽しみなダンサーの1人だ。
いずれ、日本でハンブルグ バレエ団が公演する時
その舞台の中心に円加さんが居てくれたら嬉しい。
同じ日本人として。
バレエを愛するものとして。
そして、同じ神奈川県民としても。

輝け! 菅井円加さん
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 4

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-09-04 22:15) 

瀬木あおい

>ぼんぼちぼちぼちさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-09-04 22:16) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-09-04 22:16) 

瀬木あおい

>さらまわしさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2014-09-07 21:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0