So-net無料ブログ作成

ボルドー展@西洋美術館 [展覧会]

芸大美術館を出た後、私が向かったのは西洋美術館。
上野に来たので、行けるところは行く!
と言うわけです(笑)。


ただいま、ボルドー展を開催中。

image-20150823230713.png

あのワインでおなじみのボルドーです。

今回、ドラクロワの「ライオン狩り」が来日。
この絵、火災で一部が消失してるんですが
それでも巨大ではあります。

これが消失する前に模倣した絵というものがあり
それを見ると、欠けた部分がよくわかる。
リスペクトして倣うというのも
時には役に立つわけですよねー。
模倣した絵も近くに展示されていました。

今回、展示室のスタートが階下に下がる。
企画展は、会場入口自体が地下なんで、
展示スタート地点は地下二階…地下三階?
同じ階の展示室には装飾品や石像など
割と大きなものが並びます。

入口と同じ階に戻ってきた辺りから、
展示物の様相が少し変わり始めます。
そして、ワイン絡みの作品が増えます。

肖像画や食器類、テーブルと椅子など。
特に食器類は、お皿などは色合いも綺麗で
今でいうマイセンやウェッジウッドみたいな
染付なども施されている品物。
銀製の水差しや、砂糖壺と砂糖鋏み、
洗面道具なども並んでいましたが
実に綺麗で顔が映せそうな感じでした。

フリゲート艦の模型は凄かったなぁ。
プラモデル好きの男の子でなくても
見惚れてしまうような細かさ。
まぁ、プラモデル好きですけどね…私。

隣の部屋は、L字型に部屋が作られています。
細長い部分には、絵画や陶器などが並び
そこを抜けて部屋が開けた瞬間
目の前の壁にドラクロワの「ライオン狩り」が。
欠けていても凄いなぁと思わざるを得ません。
今回は、ど真ん前に椅子がないのが残念でしたね。

その隣の部屋は、ほぼワイン絡み。
ワインのラベルが並んでいたり
ワインの試飲杯やワイン用の葡萄畑を描いた絵画とか。

ワイン好きには有名らしい「ワイン閣下」。
どうやら9枚でワインの飲み方について説明しているらしいのですが
展示されていたのは数枚。
しかし、ポストカードセットで販売されてました。
面白いとは思いましたが、買ってませんよ^_^。

この展示、一番の謎は最後の部屋。
今日のボルドーと題し、無題の作品が4枚。
しかし…困った事にコンセプト不明(笑)。
あれはいったい何だったのか?
どうやら、近代絵画が理解できないようです^_^;。

ワインに関係する作品は、
作品名のバネルの右下あたりに
葡萄とワイングラスが描かれたシールが貼られています。
意外なモノにシールが貼られていて驚いたりしましたが
これは有難いサービスかなぁと思います。

グッズ売り場には、ワインや葡萄ゼリーなども販売。
ワイン好きには最高の展示かもしれません。
9月23日まで開催中です。
お時間のある方、ワイン好きの方
足を運んでみてはいかがでしょう?
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 7

コメント 4

瀬木あおい

>Ujiki.oOさん

niceありがとうございます

by 瀬木あおい (2015-08-29 15:49) 

瀬木あおい

>newtonさん

niceありがとうございます

by 瀬木あおい (2015-08-29 15:49) 

瀬木あおい

>wattanaさん

niceありがとうございます

by 瀬木あおい (2015-08-29 15:50) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-09-06 21:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0