So-net無料ブログ作成

大和悠河が語るメトロポリタン・オペラの魅力@東劇 [イベント]

今回のMETライブビューイングには、
特別にトークショーが付いた回が2回あります。
その一つに行ってきました。

ゲストは元タカラジェンヌの大和悠河さん。
トークのお相手はクラシックソムリエの田中泰さん。

大和さん効果か、今回は満席。
ソムリエも満席は初めての経験だそうです。
私の周りも大和さん狙いの方が多いようでした。
だって、ソムリエ狙いの私だけ…顔の方向が違うんですもん(笑)。
<<元々、METライブビューイングを勧めてくださったのは
ソムリエご本人なんです。>>

二人揃っておっしゃったのは、オペラの話はあり得ないほどドロドロ。
歌舞伎にも同じようなドロドロの話ありますよねとも。

歌舞伎にも似たようなのあるなーって思っていたし
オペラから歌舞伎にハマる方いらっしゃいますもんね。
前に劇場でお隣になった方は、オペラが好きで
歌舞伎に興味を持ったと言う話をしておられました。
大和さんも、オペラだけでなく歌舞伎もお好きだそうです。

今回の椿姫、主人公のヴィオレッタが赤いドレスを着用。
なので、大和さんも赤いドレスを着て登場でした。

大和さんのお話を記憶している限りで書くと
オペラを見始めたのは宝塚を退団してからの事で
舞台と舞台の間にオペラを観てリセットするのだそう。
現地に行ったら、そこでオペラを観るそうですが、
今回の「椿姫」もNYで観たそうです。

生とライブビューイング両方観る愉しみもできますね。
METの劇場には、前の椅子の部分に字幕パネルがあるらしい。
ただ、日本語が無いんだそうです。
そりゃ、日本語字幕って漢字があるから大変だもんね。
イヤホンガイドが出した、読むイヤホンガイドと同じかな。

大和さん、お菓子とオペラの本を出されているそうなのですが
「椿姫」はメロンパフェのイメージなんだとか。
椿と言えば資生堂→資生堂と言えば資生堂パーラー、
資生堂パーラーに行くと大和さんはメロンパフェを食べるらしい。
結果、椿姫=メロンパフェなんだそう(笑)。
イメージって、そんなもんです。

劇場で観るオペラとライブビューイングで観るオペラは
同じ作品でも全く別物と話されました。

これについてはソムリエも別物と話します。
METの劇場は3000人規模の巨大劇場で、
かなりのカメラを入れて撮影をしているので
カメラワークが凄い。
自分で見ている時は、その席から可能な限りでしか
表情などは観られないけど、ライブビューイングは
そのシーンごとにカメラが近寄るので
透明人間になって主役の隣で見ているような感じもすると。

NYでは、オペラの上演中に近辺の映画館でライブビューイングしているらしい。
日本語字幕の関係で少し遅れるけど、それでも上演から3週間位で
日本の映画館で上映出来るスピードは見事だと。
この秋、METライブビューイングは10年目。
新作が続々、日本の映画館へ登場することになります。
  ↓秋からの上映スケジュールはコチラから
     http://www.shochiku.co.jp/met/

私もオペラのきっかけにと見始めたけど、ライブビューイングのファンに。
劇場だと眠くなりそうな作品も
カメラワークもだけど、日本語字幕だし
スクリーンに引き込まれている間に終演なんです。
オペラより気楽に観られるので、
近くの劇場で上演が決まったら、足を運んでみることをお勧めします。
nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 5

コメントの受付は締め切りました
瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-09-09 21:36) 

瀬木あおい

>newtonさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-09-09 21:36) 

瀬木あおい

>wattanaさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-09-09 21:37) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-09-09 21:37) 

瀬木あおい

>宝生富貴さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-09-09 21:37) 

トラックバック 0