So-net無料ブログ作成

第313回定期演奏会@みなとみらいホール [音楽(CD、DVD含む)]

食事を済ませ、みなとみらいホールへ。

途中、ジャズ演奏をアチコチでしているので
ついつい足が止まってしまうんですよねぇ。

引っかかりながらも会場へ。
到着したのは13時20分を過ぎた頃。
お手洗いを済ませて席へ着いて数分。
常任指揮者である川瀬賢太郎さんがステージへ。

今回は10月の定期公演で、10月10日と言うこともあるので
「十月革命」って言う気楽な気持ちで選んだのだけどと言う話から始まりました。
確かに10だらけだったですよねぇ。
さすがに10回目の公演とかではないですけど。

前半はショスタコーヴィチ。
この曲、滅多に演奏されないので初めてと言うお客様も多いと思う。
でも、かなりカッコいいですよと。
実際にCDも少ないみたいですね。

もう一曲はヴァイオリン協奏曲第一番。
なによりソリストがイケメンって言うのが推しみたいでしたねぇ(笑)。
確かに三浦君、イケメンの部類ではあります。

で、後半もショスタコーヴィチと思わせておいてシベリウス。
今年はシベリウスの記念イヤーなので、絶対やりたいと思っていたと。
で、一番なのかと思いきや5番って言うフェイントです。
シベリウスのガンが奇跡的に治り、その直後に書かれた曲。
生きてるって素晴らしい!と言う思いが伝わってくる1曲。
生きているからこそ、今日ここで僕らに会える!
そういう喜びを感じ取ってほしいそう。
※昨日、ライブハウスで似たような事思ったな・・・(笑)。

曲の解説の後は、来年のプログラムについての話。
今回は、なんだか指揮者のバリエーションが凄い気がしています。
あまり川瀬さんが無いような・・・。
プログラム的にも私の興味を引くものは少なく
来年は、神奈川フィルはお休みかなと思っております。
もしかしたら再来年も休みかもねぇ。

15分くらい持ち時間があったものの10分くらいで終了。

十月革命と言う曲は、実際の十月革命から50周年に作られた曲。
発表されたのは1967年。
実は、私が生まれる前年に出来上がった曲。
まだ、48年しかたっていない最近の曲なんです。
と言うか、私が生まれた頃にショスタコーヴィチさん居たんだなって方が驚き。
なんか、すっごい昔の人な気がしてたんですよねぇ。

短いんですが、最後に向かってとてつもない勢いが増してきて
最期には一気に花開くような感じの曲でした。
確かに、コレはかっこいいかもとは思いますが
短い事もあるのか、演奏会で・・・やり難そうだね。

ヴァイオリン協奏曲は、もう少し前の曲です。
初演は1955年でスターリンの死後2年経った頃。
色々とあり、ショスタコーヴィチの曲は演奏禁止になるものが多く
再度演奏が出来るようになるまで大変だったみたいです。
ソリストの三浦君は久々だったのですが、随分と大人になりました。
やはりソリストだけあって音の大きさが違いますよね。
ただ、コンマスが石田さんだと、音が一緒に響いてきたりするのだけど
崎谷さんは遠慮しているのか聴こえてくる感じでは無かったですね。

鳴りやまない拍手の中、なんども挨拶に出てくる三浦君。
(これ、クラシック独特ですよねぇ)
最期は、カワケンさんがヴァイオリンを持って出てきて
一瞬挨拶してから「あっ、違った」と言う顔で
ヴァイオリンを三浦君に返すと言う小ネタまで挟んでくる始末でした。

私の向かい側の席の辺りは、全滅してましてねぇ
一列半分以上が舟を漕いでおられましたねぇ。
最終章には結構勢いが増すのですが・・・起きる気配なし(笑)。
でも、この方々シベリウスは完璧に起きてらっしゃいました。

ちなみにショスタコーヴィチさん1906年の生まれ
亡くなったのは1975年で68歳でいらっしゃいました。
案外、現代の作曲家ですよねぇ。

シベリウスですが、今年生誕150年の記念イヤーです。
今年は、シベリウスをプログラムに組み込んでる楽団も多いのでしょうか?

この曲、4楽章構成から3楽章構成になり
さらに書き直しを繰り返し・・・ようやく完成したのは4年後。
最初の演奏を聴いた人からしたら、かなり変わったんでしょうねぇ。
現在は、3楽章構成です。
一瞬、2楽章で睡魔に襲われるんですが、3楽章の迫力に嫌でも目が覚める。
最後の終わり方は楽団の息が合わないと厳しいかもと思わせるものはあります。
実にカッコいい曲だなぁと思いましたねぇ、

今回は3曲ともカッコいいなぁと思いました。

実は、前日の帰りが深夜で寝るのも遅かったから
クラシックなんて聞いたら寝ちゃうって思っていたんですが
なぜか周りが寝ていく中、私だけ起きているみたいな状況でした(笑)。
魔王様から、これは聴いておけって言う啓示なんでしょうか・・・。

【プログラム】(敬称略)
 第一部
  ・ショスタコーヴィチ/交響詩「十月革命」
  ・ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲第一番

~休憩(20分)

 第二部
  ・シベリウス/交響曲第5番

指揮者/川瀬賢太郎
ヴァイオリン/三浦文彰

演奏/神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスター/崎谷直人


nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 10

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:36) 

瀬木あおい

>newtonさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:36) 

瀬木あおい

>シルフさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:36) 

瀬木あおい

>Ujiki.oOさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:36) 

瀬木あおい

>mangaharaさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:37) 

瀬木あおい

>大和さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:37) 

瀬木あおい

>mentaikoさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:37) 

瀬木あおい

>宝生富貴さん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-19 21:38) 

瀬木あおい

>ぽんちゃんさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-20 21:44) 

瀬木あおい

>yanさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-10-25 21:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0