So-net無料ブログ作成

殴りこみGIG@新宿MARZ [音楽(CD、DVD含む)]

殴り込みギグ REBORN 2017に行ってきました。
2Daysだったのだけど、私は2日目のみ参加。

image-20170820200903.png image-20170820200907.png


アースシェイカーと44マグナム
どちらも来年はデビュー35周年です。
かつて、線路の向こう側にあったLOFTへ
関西から「殴り込み」って意味を込めて
「殴り込みGIG」と銘打って上京したのは34年ほど前。
今回「殴り込みGIG REBORN」として
当時のLOFTと同じ位のサイズのハコである新宿MARZに登場。
実に34年ぶりのジョイントLIVEだそうです。

SOLD OUTした満員のMARZ。
2日目の今日は、44マグナムからスタート。
しかし、JOEさんが全く見えないよ~~~~。
※最後までJOEさん見えなかった[もうやだ~(悲しい顔)]

懐かしいメンバーと楽屋で話していて、
実は全員生きてないんじゃないのか?って話になったそうで
「生きて帰ってまいりました」とポールさん。

若年性パーキンソン病で30代から闘病。
公表したのはマグナムが再始動してからだったけど
昨年、病状が悪化し、脳に電極を埋め込むと言う
10時間近くに及ぶ手術を乗り越えてのステージ。
(4月にもステージは立ってますけど)
もう、生きて帰って来たって言っちゃうよねぇ。

息子のSTEVIEだけでなく
BANちゃんもJIMMYさんもPAULさんをサポートしていて
なんだか微笑ましいバンドだなぁって思いました。
復活した時点で病の事を分かっていて
それでも一緒にやるって決めたメンバーなんだから
当たり前と言えば当たり前なんだろうけど。

PAULさんが「小さいおっさん」って言われた話をし始めて
それは、PAULさんとシェイカーのマーシー、ラウドネスの二井原実なんだそう。
おれ、そんなに小さいかなぁって考え込んでました。
確かにマーシーは小さいけど、PAULさん・・・そんなでも無い気がするけどね。

懐かしい話の流れで、PAULさんが塩焼きそばの話を始めたんです。
シェイカーのシャラさんが作る塩焼きそばが美味しくて
すぐ売り切れになっちゃうんだよって話。
これをシェイカーが拾った(笑)。

マグナムもシェイカーも大阪にあるバハマと言うライブハウスを
拠点にして活動をしていたそうです。
その当時、シェイカーのシャラさんは、バハマの店員でもありました。
マグナムがライブを終えると、PAULが塩焼きそばを頼み
それを見たJIMMYが頼みしてたとか。
それを見たファンが頼むって言うことで、すぐ売り切れになるって。
マーシーが説明してくれた。

バハマの塩焼きそばは、一人前に麺を2玉使用していて
ず~~~~~っと焼きそば作ってると
腕がねぇ・・・ギター弾けなくなるくらいに
ってシャラさん本人が説明追加してくれました。
これのおかげで、数日は塩焼きそばが食べたくて仕方なかったです(笑)。
※結局、インスタントだけど塩焼きそば食べました。

この当時、塩焼きそばなんて珍しかったそうですよ。

後半は、シェイカー。

工藤さんのドラムソロ中に、メンバーがステージから消える。
ステージが暑すぎて、耐え切れないからと
楽屋に戻りクーラーで冷えると言う荒業。
工藤さん・・・可哀想。

マーシーが、来年35年なのよ。
みんな35年前なんてねぇ・・・知らないでしょ。
当時、みんな10代とかやろ?
中には微妙な方も混じってましたけど
考えたら、私でも中学生ですからねぇ。
だって、マグナム聴いてたの高校生とかだったし。

生でシェイカーを見るのは初。
工藤さんが意外に変わってなくて
シャラさんも、良い感じのおじさま感
甲斐さんダンディだし
マーシーが、鍛え上げたギャルだったのは笑いました。

最後のセッションで、来年も一緒に何かやりたいって言ってくれたから
35周年、そろってツアーとかあるかも?と期待中。
なかなか楽しいLIVEでした。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。