So-net無料ブログ作成

第95回箱根駅伝 往路 [スポーツ関連]

毎年の楽しみの箱根駅伝。
地元を走ると言う事で、つい見てしまいます。
今年は4日が休みなのでお正月気分のままですが
通常はニューイヤー駅伝を見ると正月だなぁと思い
箱根駅伝が終わると正月も終わりだなぁと思います。


今年は秋の駅伝で青学が絶好調。
これは箱根駅伝5連覇もあるのでは?と思われていました。
しかし、箱根駅伝には魔物がいるのです。

まず、1区が走り出して早々に
大東文化大学のランナーにトラブル発生。
後に別の選手の足を踏んでしまい捻挫した模様。
20キロ以上を痛みをこらえて走り切りました。
骨折では無かったから良かったものの
20キロ以上を走らせるのはどうなのかな?と思いました。
確かにタスキを途切れさせたくないとは思います
しかし選手生命が絶たれてしまったら責任取れないでしょう?
タスキは繋がっても8分以上遅れた状態で
後続の選手に走る気は・・・私にはひとつも見えませんでした。
どうせ予選会なら、途切れても良かったのでは?と思います。

スタート前に青学の原監督は
「3区でトップに立てれば良いかなぁ」と言ってました。
実際に3区の最後に東洋大を抜きトップには立ったのだけど
4区と5区が続かず・・・結果は6位。
昨年も往路は優勝してないけど、さすがに6分近くある差は
余裕で挽回可能なハズは無いですよね。

5区では国学院、東海大、法政大と新たな山のスペシャリストの予感。
区間新が3人も出ると言う凄い展開。
復路はトップ争いも楽しみですが、シード権争いも楽しみになります。


タグ:箱根駅伝
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。